2014年度 卒業生【女子】

@都道府県・出身校 A生年月日 B種目 C戦績 D日本体育大学に入学して感じたこと E将来の夢 F尊敬する人 G今後の課題・目標

 平井さやか【女子主将】
平井さやか@栃木県 真岡女子高等学校
A1993年1月17日
B背泳ぎ
C200m背泳ぎ国体6位
D水中でも陸上でも意識の高い練習が出来る環境でありチームの団結力が凄い
E体育教師、インストラクタ―
F両親
G水泳では、自己ベストを更新しチームへ貢献する。また、人としても成長する。

 清水咲子
清水咲子@栃木県 作新高等学校
A1992年4月20日
B個人メドレー
Cインターハイ優勝
D一人一人がしっかりしていて意識が高く、切磋琢磨している。
E強い人間!
F母
Gベスト更新、勝ち続ける

 鈴木沙代子
鈴木沙代子@静岡県 伊藤高校
A1992年6月20日
B平泳ぎ
Cインターハイ出場
D強くなれると思えた、チームワークがあると感じた
E養護教諭、体育教諭
F松本弥生、島添紗紀
Gインカレ200m平泳ぎ決勝進出、日本一美しいストリームライン

 高橋美帆(ロンドンオリンピック代表)
高橋美帆@京都府 京都外大西高校
A1992年12月1日
B個人メドレー
C日本選手権2位
D意識が高いチーム
E結婚して幸せに暮らすこと
F戸谷重徳、祖母
Gベストタイム更新!チームの力になれるようにすること。

 津下晶子
津下晶子@京都府 京都外大西高校
A1992年11月28日
B自由形中距離
Cインターハイ出場
D一人ひとりの練習意識が高く、上下関係がしっかりしていること
E栄養士
F両親
G日本選手権出場

 山田琴絵
山田琴絵@愛知県 東邦高校
A1992年10月24日
B自由形長距離
C国体400m自由形8位
D一人ひとりの練習意識がとても高いこと
E母校の教員
F両親、弟
G気持で負けない強い選手になること

 

 

 

 

icon_list-11.gif一覧に戻る

20104年度 卒業生【男子】

@都道府県・出身校 A生年月日 B種目 C戦績 D日本体育大学に入学して感じたこと E将来の夢 F尊敬する人 G今後の課題・目標

 佐藤龍之介【男子主将】
佐藤龍之介@福岡県 福岡県立香住丘高等学校
A1993/1/5
B平泳ぎ
C国体5位
Dトレーニング施設が充実していて水泳に打ち込める環境が整っている。
E高校保健体育教員
Fピーター・アーツ
G筋力をつけて、レギュラーを獲り平泳ぎ2種目でインカレで点を獲る。

 大矢俊樹
大矢俊樹@愛知県 中京大学付属中京高等学校
A1992年4月14日
B自由形
Cインターハイ出場
D上下関係がしっかりしている。一人ひとりの意識の高さ。
E教師
F両親、堀畑さん、藤森さん、仁木さん、高校のクラスメイト
Gインカレ決勝

 岡野大輝
岡野大輝@広島県 市立沼田高等学校
A1993/2/28
B自由形中距離
Cインターハイ、国体出場
Dチーム力の高さ
E消防士、警察官
F村松 繁コーチ
Gインカレ出場、速くて強い選手になる。

 黒野大地
黒野大地@静岡県 静岡県立磐田農業高校
A1992/5/28
B背泳ぎ
Cインターハイ出場
D桜が綺麗
E高校教師
F夢をかなえた人
GJAPAN OPEN標準記録突破

 崎村 向
崎村向@滋賀県 滋賀県立草津東高等学校
A1992/4/25
Bバタフライ
Cインターハイ、国体出場
D一人ひとりがレベルの高い目標を持っているところ。
E整体師
F富山 貴士さん
Gメンタル強化、インカレ決勝

 谷川貴紀
谷川貴紀@広島県 広島市立沼田高等学校
A1992/6/19
B自由形中距離
Cリレーでのインターハイ出場
D水泳の知識がすごい
Eトレーナーになる
F祖父
Gスピード、技術の改善、日本選手権、インカレで活躍する。

 藤戸靖則
藤戸靖則@大阪府 関西大学北陽高等学校
A1991/12/4
B自由形短距離
Cなし
Dスポーツ環境が十分に整っている
E指導者
F今まで関わった先生、コーチ
G日体大の名前に負けないぐらいの水泳選手になること

 前川智久
前川智久@愛知県 名古屋高等学校
A1992/4/17
B背泳ぎ
C日本選手権出場
D練習の雰囲気がとてもいい
E体育教員 スポーツトレーナー
F両親
G体幹強化、安定した泳ぎ

 屋田一将
屋田一将@大阪府 常翔啓光学園高等学校
A1992/9/21
B背泳ぎ
Cインターハイ、JO出場
Dチームにまとまりがあり、練習中とても盛り上がっている。
Eスポーツ企業
F両親、ライアン・ロクテ
Gフォーム修正し、持久力とスピードをつけてインカレで決勝に残る。

 山崎貴大
山崎貴大@石川県 金沢高校
A1992/5/5
B背泳ぎ
Cインターハイ優勝
D練習の雰囲気が素晴らしい
E未定
F日体の先輩方
Gメンタルを鍛え上げ、インターを切る

 山崎祐樹
山崎祐樹@石川県 羽咋工業高等学校
A1992/5/6
B自由形
Cインターハイ100M自由形6位、国体100M自由形5位
D日体の水泳部としての、団結力がありそこで自分も結果を残そうと感じた
E教員
F両親、先輩方
G大会に出るからには、決勝に残り見ている人に印象を与える

 

 

 

 

icon_list-11.gif覧に戻る